婦人科検診の基礎知識


婦人科検診の基礎知識

近年では、医療費の削減から、社会政策の一環として健康診断の必要性が声高に叫ばれていますが、女性は男性とは違って子宮という特別な臓器を持っているので、婦人科検診も合わせて受けることを推奨されています。一般的に三十代になれば毎年受けることが大切だといわれており、各自治体のほうからも検診の案内を送付するようになっているようです。案内には検査費用が安くなるクーポン券もついているので、ぜひ利用しましょう。婦人科検診には、主に子宮を診る検査と乳房を診る検査がありますが、いずれも内診や触診があるので、脱ぎ着しやすい服装で行くのが望ましいです。また子宮の検査では子宮内を診るため、生理時や直後は避けたほうが無難です。一方、乳がん検診でマンモグラフィー検査を行う場合は、乳房を板状の機械で挟むので、生理前、生理中など乳房が張っているときは痛みが強くなるので、生理が終わり体が落ちついたころに受けると楽に検査できます。

今更ひとに聞けない!婦人科検診についての疑問

多くの女性が疑問に思っている女性特有の病気、しかしそれを人に利くことは恥ずかしいと考えてる方は多いのではないでしょうか。婦人科検診も同じです。どのようなことをするのか、どんな病気を調べてくれるのか。今さら聞くことを躊躇われることもあるでしょう。では婦人科検診では何をするのか。「婦人科」というくらいですから女性特有の検診になります。まず月経中の受信は避けましょう。採取した細胞などを調べる際にいつもと違い、病変を見つけ悪く異なるからです。検診を受ける前には最終月経開始日や月経周期、ホルモン剤の服用歴などを把握しておきます。病院に行けば問診票を記入して、それを元に医師の問診が始まります。その後内診で痛みの有無や腫瘍の有無などを調べます。これで子宮筋腫や子宮内膜症などが見つかることもあるのです。次に子宮入り口付近の細胞を摂取して病気の有無を調べます。顕微鏡で判定するので結果が出るまで時間がかかります。最後に超音波検査をして秀y楼となります。検診内容や病院によって多少違いはありますが多くの婦人科検診がこのような検診内容になっています。